鹿児島、鹿屋コーヒーフェスティバル2022


多くの県内外の方に鹿児島からコーヒーの魅力を発信していきます。

コーヒーは美味しく飲むだけでなく、コミュニケーションのツールだったり、特別な時間を過ごしたり、一人でまったりしたり、健康パワーがあったりとたくさんの魅力があります。

子どもの頃はただ苦い飲み物と思っていたけど、いつの間にか飲めるようになり、美味しいと感じそして生活の一部になりました。まるで魔法の飲み物。

けれど、鹿児島は全国でもコーヒー消費量の少ない県。お茶の産地ということもあるかもしれません。もちろんお茶も好きでよく飲みますが、コーヒーももっと広まればいいなという思いで、鹿児島コーヒーフェスティバルがスタートしました。

そして、コーヒーの魅力でたくさんの人を繋ぎ幸せを感じ、丸の社会を作っていくために活動します。

鹿児島県は錦江湾を挟み薩摩と大隅に分かれているので、薩摩で開催したら大隅の方は遠くてなかなか来れないかと思います。そこで、大隅(鹿屋)でも開催しようと計画中です。

コーヒーをきっかけにして楽しむこと。何よりそれが一番大事です。


コーヒーフェスティバルメンバー


・鹿児島県内にカフェを3店舗とコワーキングスペースを経営、_1tree coffee

・1989年創業。札幌と鹿児島に10店舗を構える自家焙煎珈琲店、宮田屋珈琲垂水店

・⾏政と⺠間で観光事業に携わった経験を活かし、双⽅の観点から観光地のトータルプロデュースを⾏う、小園絢子

・鹿児島を中心に活動中のカフェ好きプロフォトグラファー、410MOA